子どもにYouTubeはNG?そうでもないかもと思えた理由

子育て

私が子どもの頃とは違い、今は子どもたちにもスマートフォンやパソコン、タブレットが当たり前にあります。

昔はゲーム機が特別なもので、遊ぶととっても楽しくて大好きでした。

今ももちろんゲームは楽しいし子どもたちもハマると思いますが、幼稚園児にはまだ早いかな?

我が家の長女ちゃん(4)や次女ちゃん(1)はYouTube大好き。1度見たらハマってしまいました。

こんなご時世だからこそ、YouTubeとの向き合い方は考えるべき点です。

私なりの意見ですが子どもがYouTubeを見るのはいけないことなのかどうかまとめてみます。

産む前はYouTube見せたくない派でした

長女ちゃんを産む前、テレビや雑誌で

『子どもにYouTubeをみせていいのか』

という特集をいくつか見ました。

どれを見てもNG側が多かったです。

私自身もNG派でした。街中やファミレスなどでよく子どもにYouTubeをつけたスマートフォンを渡して親同士が楽しそうに会話している姿を見るたびに

「なんで子どもをスマホ渡して放っておけるのだろう」

と不思議でたまらなかったし、そういう親にはなりたくないなと思っていました。

目も悪くなる原因にもなりますしね。

しかし、自分も親になり、色々と目線が変わる上でYouTubeって悪いことばっかりではないな、と感じることも出てきました。

今はYouTube見てもいいと思う

まず先に言っておくと、我が家では子どもが YouTubeを見ることはOKにしています。

それは YouTubeが害悪的なことばかりではないと感じたからです。

ということで、まずはYouTubeの利点についてまとめます。

言葉を覚えてくれる

今、ユーチューバーは大人だけでなく、学生や子どももいます。小学生もいるんですよ!これは子供を持って初めて知りました。

よく、子どもの成長において「同年代からの刺激の方が受けやすい」と言われます。

幼稚園に通うようになって初めてわかりましたが、家で親が何か教えるよりも、幼稚園で同年代の子たちと一緒になって教わる方が確実に理解度も達成度も早くなります。

うちの長女ちゃんは姉妹の子どもユーチューバーが好きなのですが、その子たちがしている遊びや料理のお手伝い、体験レポートをみて

〇〇してみたい!

という発言が増えました。今は料理の影響を強く受けているらしく、卵を割るのを毎日練習しています。コツなんかも YouTube内でまとめてくれているので、長女ちゃんは自慢げにYouTubeから知った知識を教えてくれます(笑)。

ごっこ遊びが上手くなる

大人ユーチューバーの方は、人形を使ってのミニストーリー仕立てのものがあります。

このタイプの動画だと確実にごっこ遊びが上手くなりますよ。

ただ、口調がユーチューバーさんっぽくなりますが・・・(笑)。

子どもと親で向き合ってするおままごととは全然違う視点で話を進めていたり、キャラクターの個性が存分に発揮されたものが多いので、今まで知らなかったキャラクターでも楽しいし新たな興味を引き出してくれます。

特に、ご飯を食べさせるマネが上手くなりました!
「〇〇もおいしいからたべてー」

と子どもが人形に向かって話しかけている姿がとっても可愛いです。

おもちゃの遊び方がわかりやすい

また、旧作から新作まで様々なおもちゃを使って遊びを教えてくれます。

誕生日などのプレゼントを選ぶにあたっての候補も作りやすいですよ。

特に小さい子どもは(他の方のTwitterから知った情報ですが)こういうおもちゃを使っ他タイプの動画が好きで、その使い方を真似し始めるので、新しい遊びを展開してくれます!

ちなみに、このハロウィン用の折り紙工作もYouTubeで作り方を見ながらやりました。

途中で止めながら作ることができるので、静止画よりもわかりやすく長女ちゃんもなんとか折り切ることができました。

自分では作り方わからなかったし、これ以外にもたくさん可愛い折り方があったのでまた作ろうね、と子どもと楽しく取り組めて良かったと思います!

もちろんデメリットもそれなりにある

もちろんいいことばかりではありません。

デメリットをまとめます。

平気で何時間も見ちゃう

いろいろな遊びに目移りしやすい子どもでも、YouTubeは特別なのでしょう、本当に放っておくといつまででも見てしまいます。

親としては落ち着いていてくれる面は確かにあるかもしれませんが、

「目が悪くなりそう・・・」

「だんだん画面に近寄っていってしまう・・・」

と心配する部分が出てきます。

どこで終わりにするか、しっかり話しておくことが大切です。

親子の会話時間が減る

動画を見ている=会話はしません。

動画から学ぶことももちろんありますが、対人関係から学ぶこともまたたくさんあります。

特に小さい時期はお友達との関わり方は、お友達と接してみないとわかってきません。

親ともたくさん話して接していく中で人との関わり方を学んでいきます。

だからやっぱり私は、親同士が楽しくお茶したいから・・・という理由でYouTubeを子供に見せるのは間違っているのではないか、と思います。

ぐずってしまったときに早く泣き止ませたいからYouTubeを見せてしまう、という方もいるかもしれませんが、子どもは頭がいいので

泣けばYouTubeを見せてくれるんだ

と考えてわざと泣いたりすることがあります。←うちの次女ちゃんはまさにこれ。

他のことで気を紛らわせる方法を考えた方が後々を考えるといいですよ。

外に行きたがらないことも

ここまでの内容とかぶりますが、子どもは本当にYouTube大好き。

テレビ以上にはまってしまうので

「おそといかない!これ(YouTube)みる」

なんて言い出すことも・・・。

画面に釘付けになるよりも外で遊んだ方が夜しっかり眠れるようになるし、外に出てしまえば「こっちも楽しい」と気づいてくれるので、連れ出すまでが少し大変ですがなんとか興味を逸らすようにしています。 

大切なのは約束すること

デメリットをふまえて、どう向き合うのが正解なのか・・・。

それはやはり、親子で約束をすることだと思います。

「○分まで見ていいよ」

「1つだけ見ていいよ」

「離れて座ってみようね」

などなど。

あと、できるならYouTubeは親も子どもと一緒に見た方がいいと思います。

一緒に見ると、その子供の今の興味の対象がよくわかるし、会話のタネの1つになります。親子間の会話不足にならなくなるのかな、と思いますよ・。

まとめ

親になってみて、産前とはYouTubeを子供に見せることへの価値観が変わりました。

自分が子どもの頃とはもちろん変わってきていますから、時代の流れとしていい部分はうまく取り入れて行った方がいいなと、改めて感じました。

とはいっても、見させすぎることは決してないように、これからもYouTubeとは向き合って行こうかなとは思います。

最後に・・・

ユーチューバーさん!!

いつも素敵な動画をありがとうございます!

これからもお世話になります1

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました