激短バイト〈シール貼り〉5日間やってみた!レポ

暮らし

つい先日、求人誌を眺めていたら

『5日間の激短バイト!』

という記事が!

もともと何回見て気にはなっていました。

でもなかなか勇気が出ず流していました…。

でも今回は勇気(?)を持って応募して、実際に5日間工場でやってきましたよー!

勤務地や詳しい時給など言えない部分はありますが、

  • どんな仕事をしたのか
  • 働いている人のこと
  • よかった点悪かった点
  • お給料のこと

などなど、今まで工場勤務したことないけど実際どうなんだろう?と気になる方向けの記事になっております。

今回働いたのは…工場!

先ほどもチラッと書きましたが、今回は工場勤務してきました!

仕事内容は

サプリメントの梱包、シール貼りです。

時間は18:00〜3:00の深夜帯です。実は深夜帯にお仕事するのは初めてでした!

なぜ工場を選んだかというと、私が個人的にコツコツ同じ作業をするのが好きだからです。

「シール貼り」はよく聞くけど実際どんなお仕事をするのかやどんな人が働いているのかは全くわからない状況ですが、とりあえず短期なのでそこは気にせずトライしてみました。

どんな仕事?

写真はイメージです。。

実際の工場名や商品については伏せますが簡単に説明していきます。

1日の流れ

17:30頃

出勤します。1日中動いているところなので、挨拶は「おはようございます」でした。

〜17:45

着替えをします。制服は本当に上に貼った写真のような感じです。これにマスクをつけて、実際に肌が出ているのは目の部分と手だけでした。

食品を扱うところだったので、まつエクやマスカラ禁止でした。昼間勤務の方はまた違う感じだったのかもしれませんが、深夜の方はほとんどノーメークでした!(私も初日は少しだけメイクしましたが、2日目からやめました。)

〜17:55

更衣室、食堂(更衣室では飲食禁止で必ず食堂で取る感じでした)と実際に仕事をする階が違うので、仕事をする階へ(説明しづらくなるのでこの階をa階と呼びます)。

まず制服にコロコロをして身体についている埃を取り、時間を測って手洗いをします。

その後アルコール消毒とノロウイルス対策用の消毒、計2種類をし夕礼を行う場所へ移動、待機します。

18:00

夕礼です。社員さんが点呼を取り、全体でストレッチをしたり制服や爪に乱れがないかを確認します。

18:05

仕事をする部屋にそれぞれ移動します。私が仕事をした工場では深夜帯は4部屋に分かれていました。私は夕礼をする階(a階)と仕事をする階(b階と呼びます)が違っていたので、大型のエレベーターで同じ部屋に行く方々と移動し、到着した階で再びコロコロと手洗い、消毒2種類をしました。1部屋10人ほどいました。

その後は仕事の部屋で用紙に名前を記入し仕事スタートです。

その日の仕事内容は最初に社員さんから指示がありどんな作業をするのかも社員さんが割り振ってくれるので困ることはなかったです。

21:00〜22:00

1回目の休憩です。制服を脱いで私服に着替え食堂で休みます。

多くの方はこの時間に夕食をとっていました。誰でも使用OKな電子レンジや冷蔵庫、自動販売機があったり、テレビがついていたりしたので比較的ゆっくりできます。

22時から仕事再開なので間に合うように戻って制服に着替えてからa階へ行き、コロコロ、手洗い、消毒2種類をしてエレベーターでb階へ。再びコロコロ、手洗い、消毒2種類をして仕事をする部屋に入ります。

0:00〜0:15

2回目の休憩です。ここの時間は短いので水分補給やトイレ程度です。

仕事開始前は今までと同様、コロコロ、手洗い、消毒2種類をa階とb階でします。

0:15〜3:00

仕事ラストスパートです。

3時になる5分前くらいに終わって掃き掃除や拭き掃除をし、用紙に必要事項を記入しおしまいです。

仕事内容

今回私が5日間で行った内容は

  • サプリメントの箱の開封口に封止め用の透明シールを貼る
  • サプリメントを入れる箱を組み立てる
  • 出荷用段ボールの底をH貼りする

の大きく分けて3つです。他の働いている人に聞いたところによると基本この3つしかやらないそうです。

1番上のシール貼りがまさに求人に書かれていたものでした。

流れ作業で、最初の人がサプリメントの粉漏れがないかの確認をし、

次に箱の側面に機械を使って賞味期限や製造会社の番号を印字、

次に封止めシール貼り、

その後に埃が入っていないか、シールが真っ直ぐ貼られているか、箱に汚れはないかを検品、

最後に商品を段ボールに箱詰め、商品シールを段ボールの側面に貼り、段ボール上をガムテープで貼る

ということをしていきます。

人数の割り振りはその日の働いている人数で変わりますが大体シール貼りと検品は人数が他の作業より多かったです。

(私が部屋で一番新人で慣れた頃だと)ギリギリ5人で回すことができました。

2つ目の箱の組み立ては、たたまれた状態の箱があるのでただひたすら箱の形に組み立てていくだけです。角を持って押していくだけだったので正直一番らくでした。

最後のH貼りは、引越しの時なんかにやるようなガムテープの貼り方です。

底の面をHの字のようにガムテープ止めしていきます。これは、空き時間ができた時にやっていました。

一番身近に感じたこの作業が一番難しかったです!

慣れないシール張りをした後だからかガムテープがよれやすかったり、底の側面を貼るテープの貼り方が少し特殊で、半分貼り付けた後に端を折り返してから止めるのでとにかくよれやすかったです・・・。

5日間やって唯一最後までてこずりました。

こんな人が働いていました!

社員さんは男性がほとんどでしたが、パートさんやアルバイトさんは全員女性でした。

深夜帯だったため高校生は不可でしたが、若い人はほとんどいなくて40代、50代が多いそうです(社員さんに聞きました)。

扶養内で働く人は少なく、みなさん週2、3回働いて割とガッツリ稼いでいるそうです。パートさんは週5でした。(平日のみの工場だったので最高週5でした)。

この求人が基本短期募集のため働く人の入れ替わりが激しいそうで、教えてくれる方がとっても優しく親切でした!短期で働き始めてそこから長期に変えることもできるそうで、中には短期をやって1年あいてから長期として再び働いている方もいました。

よかった点

やっぱり嬉しい高時給

深夜帯なのでやっぱり稼ぎはいいです。他のアルバイトさんによると日給11,000円〜12,000円ほどだそうです。

他の深夜帯勤務とは違い、夜中のうちに終わるので一応帰って眠ることができます!その面ではまだ身体に優しかったのかなと思います。

残業0

1日を3ブロックに分けて作業している人が変わるので残業はありませんでした。それだけではなく少し早めに切り上げてくれるので3時には更衣室で着替えることもできていました!

深夜勤務で残業は流石に体力が厳しいですからね・・・。助かりました。

黙々とできる

シール貼りをするとき、H貼りをする時、ひたすら個人作業になるのであまり話をすることはありません。点呼や確認を取る程度でした。

勤務初日でもそこまで気まずさを感じずにいられたのは良かったです。

作業と作業の間にはお話しすることもあり、ベテランさんが話しかけてくれて楽しく過ごせました!

悪かった点

手荒れがすごい

作業前には必ず手洗いと消毒があります。1日に6回もあるので手荒れはかなりしました。またサプリメントを入れる箱なんかも気を抜くと手を切ってしまうので、休憩時間や仕事終わりはひたすらハンドクリームを使っていました。

腰痛持ちには辛いかも…

中には座って作業をしている部屋もありましたが、私が仕事をした部屋は立ちっぱなしでした。そこで休憩まではひたすら作業なので時々足を動かしたり腰を回したりしないと凝り固まってかなり痛くなります。

勤務前の面接の時にも「腰痛持ちには向かない仕事です」ということを言われたので、本当に腰痛持ちさんにはキツイかと思います・・・。

重たいものを運ぶという面ではなく、立ち作業でやられるといった感じです。

まとめ

私にはかなり向いている感じだな、と5日間を終えて思いました。

コツコツ作業楽しかったです(笑)。そして働いている方がいい人たちばかりで助かりました!

またしっかり稼げるのでパートナーの支えがあったり、子どもがもっと大きくなって育児が落ち着いたらまたできそうだなと思ったほどです。

ただ、このコツコツ同じことをするのが苦手な方には向かないと思います。後作業も全部細かいのでできるできないはかなり分かれるのかなと思います。

興味ある方はお試しでトライしてみるのもいいかもしれません。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました